これからキャバクラで働こうと考えているのなら給料についての知識を身につけておく必要があります。
キャバクラは一般的なアルバイトと同じように時給で給料が計算されますが、ほかにもいろいろなインセンティブがあります。
また、時給が高ければ高いほど高収入を得ることができますが、基本的に時給が高すぎるお店はノルマや罰金が厳しいことも珍しくありません。
これからキャバクラで働くという方は給料のシステムについて理解し、
ノルマや罰金がどのような時に発生するかについても知っておかないと損することになってしまいます。

キャバ嬢の給与システムですが、基本的には時間給制です。
平均的な時給だとだいたい3000~5000円程度になりますが、これはエリアやお店によって大きく変わってくるためあくまで参考程度に覚えておいてください。
また、キャバ嬢の場合この基本時間給に加えて指名バックやドリンクバックといったインセンティブが入るケースが多いです。
分かりやすく説明すると、指名してもらったりお客さんからドリンクをごちそうになったらそれがバックとしてキャバ嬢の給与に反映されるということです。
また、現在ではスライド時給方式と呼ばれるシステムを採用するお店が増えています。

スライド時給方式とは、お店が決めた一定数の指名や売り上げを達成したら時給がアップしていくというシステムです。
最初は時給2000円程度でも、指名を月に5本もらうことができたら時給3000円にアップ、10本もらえれば4000円にアップというような形です。
頑張れば頑張った分だけキャバ嬢の収入に反映されますからモチベーションの維持にも役立ちますし、
お店にとっては売上も上がるためウィンウィンのシステムと言えるでしょう。
また、最初から時給の高いお店だとこのように時給がステップアップせず、いつまでも同じ時給ということも珍しくありません。

また、時給があまりにも高いお店の場合は基本的に規定がキツイと考えてほぼ間違いないでしょう。
そうしないとお店側としては元をとることができませんし、ただキャバ嬢に高い給与を払っておしまいになってしまいます。
ガンガン売上を上げることができる女性ならガッツリ稼ぐことも可能になるかもしれませんが、
ノルマを達成できなかったときには罰金が給与から差し引かれてしまいますし、デメリットも多いです。
できればキャバ嬢初心者ならスライド時給方式のお店を選んだほうが良いでしょう。